女性 自覚症状 クラミジア

女性の自覚症状が少ないクラミジア

自覚症状がないクラミジアこそ検査が大切

クラミジアは性病の中でもポピュラーな病気で、治療には抗生物質が用いられます。
決して治りにくい病気ではなく、きちんと治療をすれば1週間から2週間で殆どの人が完治します。

 

しかし、クラミジアにより不妊となる例が増加しているそうです。
どうして抗生物質で短期間で治療する事の出来るクラミジアが不妊の原因となってしまうのか?
それは、クラミジアは自覚症状がほとんどなく、それ故に何年も治療をせずに放置してしまう人が男女共に多いからなのです。

 

クラミジアの一般的な症状は、男性の場合は排尿時に痛みを感じたり、亀頭に炎症が発生すると言われていますが、こうした症状に気が付かない人も多いのです。
女性は男性よりも更に自覚症状に乏しく、かなり進行してしまってから下腹部に激しい痛みが生じるケースもあります。

 

クラミジアの感染原因は、殆どがコンドームを使用しないセックスやオーラルセックスです。つまりこうした経験がある男女は、誰でもクラミジアに掛かっている可能性があるという事になります。

 

自覚症状が薄いため、知らず知らずのうちに人に感染させている事が多いのがクラミジアの特徴とも言えます。ですから、自分は大丈夫と思っていてもコンドームなしのセックスやオーラルセックスをした事が一度でもあれば可能性はゼロではないのです。

 

とはいえ何の自覚症状もなしに、産婦人科や泌尿器科で検査を受けるのは人目が気になるかもしれません。特に出産経験のない女性の場合は、産婦人科の受診に抵抗を持つ人も少なくないでしょう。

 

ですがクラミジアを不妊の原因としないためにも、早期発見早期治療は欠かせません。
そのためには、心あたりがあるなら検査を行ってみる事が一番です。

 

もし、それでも抵抗があるという場合にはクラミジアを検査出来る専用のキットも販売されています。そうしたキットを使用すれば病院へ行く事もなく、自分がクラミジアに感染しているかどうかを調べる事が可能です。

 

クラミジアが重症化しないためにも、検査はきちんと行いましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ