女性 カンジタ膣炎

女性とカンジタ膣炎に関して

女性に多いカンジタ膣炎について

女性は男性と大人の時間を過ごす場合においていろいろなことをケアすることになりますが、その中でも性病にならないようにする人が多いです。

 

性病とは男性と女性が性行為をする場合において、感染してしまう病気のことをいい、なってしまうと生活をするにおいていろいろな障害が出てしまうことになります。

 

そのため女性は男性と性行為をする場合にはコンドームを使用することによってケアをしています。

 

そして女性がかかってしまう性病にもいろいろな種類のものがありますが、その中でも結構多くの女性がかかっている性病としてカンジタ膣炎があります。

 

これはどのような性病なのかというと女性の膣の中にカンジタ菌と呼ばれる細菌が現れてしまい、それによって膣の外や中に痛みが出てきてしまったり、炎症が起こったりしてきてしまいます。

 

また男性との性行為をする場合においても性器を膣に入れる時に痛みが出てしまうこともあり、さらに排尿をする際にも障害が出てしまいます。

 

現在女性の中で少なくても10人に1人はカンジタ膣炎となっていて、多くの女性がこの性病に悩まされています。

 

そして女性がカンジタ膣炎になってしまった場合において、どのような対策をすればいいのか、またこの性病になる前にどのような予防をしておけばいいのかというとまずなってしまった場合の治療方法ですが、基本的には膣の中の座薬を入れる薬物療法によって行います。

 

また膣のまわりにも薬を塗ることになります。どのくらい継続して治療しなければならないのかというと人によって相違はありますが、平均的に1週間から2週間程度は継続してする必要があります。

 

またカンジタ膣炎にならないようにするためにはどのような予防をすればいいのかというとまず下半身が蒸れてしまうことによって起こりやすいので、なるべく風通しを良くするようにしましょう。

 

それから不潔になるとこの菌が出てしまうので、なるべく毎日お風呂に入り、しっかり下半身を洗って清潔に保つことが大切です。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ