女性 ブライダルチェック

女性はブライダルチェックを受けよう

ブライダルチェックを希望する人が増加中

結婚前に、あなたは自信を持って自分は性病を持っていないと断言することができますか?
多くの人は、多分大丈夫だと思うけれど、断言はできないという答えだと思います。

 

近年昔とは時代が変わり、結婚前の交際や性交渉は当たり前の時代になっています。
学生生活やアルバイトなどの社会経験の中で、男性とかかわることも多く、一人の男性だけでなく不特定多数の男性と交際することも珍しくはありません。

 

しかしその過程を得て、やっと自分の理想とする人、将来を共にしようという人があらわれた時、あなたは自信を持って、性病はありませんといえますか?
性に関する機会は増加したのに、性病などの知識はそれに伴って増加しているとは言い難いです。

 

そのために多くの人は、男性経験がありながらも私は性病に関しては大丈夫だろうという自分で判断してしまうのです。また性病に関して気軽に検査できないのが実情です。

 

子宮がん検診などの場合と違い、性病検査なので恥ずかしさから抵抗を持つ人多いでしょう。
また性病だったらどうしようという恐怖を持つ人もいるかもしれません。

 

そのため病院にまず向かう決意を持たなくてはいけません。
性病は、以前の彼から感染してしまうとそこから現在の彼へ感染させる恐れもあります。
また性病が原因で不妊症を引き起こす場合もあるのです。

 

性病は実際に調べてみなければ、感染しているかどうか判断できません。
誰も自分の大切な彼に性病をうつしたいとは思っていないはずです。

 

また完治の可能な性病だと、結婚前に治療をすればよいですが、エイズのように一生抱えていかなければいけない病気だとそこで結婚自体を考え直すことも予測できます。

 

そこで現在はブライダルチェックをする人が増加してきているのです。
結婚を機に、自分の身体と向き合い、健康診断の1つとして性病を持っていないか確認する検査です。

 

この検査は自己で希望して行うものなので、健康保険の適応にはなりません。
病院によっては数万円ともいわれますが、それだけ価値の高いものだといえます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ